こだわりの家を建てたいなら注文住宅!三重県で口コミ・評判の良い工務店・ハウスメーカーをランキング形式で紹介しています。

マイホーム建築計画のタイトルロゴ

注文住宅は南向きメインじゃなくてもいい?方角ごとのメリット

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/14

「注文住宅は何向きがおすすめ?やっぱり南向きじゃないとだめなの?」とお悩みではありませんか?注文住宅を建てたのは良いものの、「やっぱりあの方角がよかったな…」と失敗したくありませんよね。方角は後悔しないためにも慎重に選ぶ必要があります。今回は戸建て住宅と方角の関係性や、それぞれの方角のメリットについて解説します。

戸建て住宅と方角の関係

戸建てとしても、隣の家と近い場合はマンションと同じようにメインの方角がでてきます。そして、メインとなる方角が東西南北のいずれになるかによって、建物の間取りは大きく変化します。一般的に敷地の南側が道路に面した一戸建てが人気で、「南向きが一番だ」と先入観を持っていますが、実際に住んでみると必ずしも良いというわけではありません。

何向きがベストかは住む人のライフスタイル、住宅の間取りによっても異なってきます。また、周りに光を遮る建物や、今後建設予定のある空き地の有無など周辺の環境でも変わってきます。さらに、方角自体にもそれぞれのメリットがあり、以降では南向き以外の西・東・北向き住宅のメリットについて解説していきます。ぜひ、ご自身のベストの方角を検討してみてください。

西向き住宅のメリット

西向き住宅のメリットとして、「午後から日が差しやすく洗濯物が乾きやすい」ことが挙げられます。東向きや北向きは一日部屋を空けておくと、部屋が冷えてしまうのですが、西向きの部屋は、午後から自然の太陽光で部屋を暖めてくれます。冬も暖かい状態で過ごすことができるので、暖房費の節約にも繋がるでしょう。

東側の朝日は一見気持ちよさそうに思えますが、夏だと早い時間帯から朝日によって起こされてしまう状況になりかねません。それに対して、西日が当たる時間はほとんどの人が活動している時間帯なので、太陽光の恩恵を十分に活用することができます。特に朝が少し遅めの人にはおすすめです。夕方も比較的に暗くなるのが遅いので、電気代の節約することもできます。

さらに、「夕焼けが綺麗」というメリットもあります。西日は綺麗な景色を演出してくれ、何気ない日常に趣を感じることもできます。さらに、西向きの住宅は南や東向きに比べて人気が低いので、価格が低くなるのがメリットです。何気なく敬遠しがちな西向きですが、建物の立地や構造などによって、西日の当たり方も変わってくるので、意外とよかったりするとこもあります。西向きも検討して、現地でしっかりと状況確認することが大切です。

東向き住宅のメリット

東向き住宅は南向きの次に人気がある方角になります。東向き住宅で得られるメリットは「朝日を浴びられる」ところです。朝が弱い人でも窓から差し込む自然の光で目覚めることができます。朝日を浴びると前向きな気分になる効果もあるので、一日の始まりを気持ちよく過ごすことができます。

また、「コストを抑えつつ日当たりの良い家にできる」こともメリットもあります。一般的に南向きの土地代が高くなる傾向がありますが、部屋の明るささえどうにかすれば、東向き住宅で予算を抑えつつ、理想の暮らしを実現できる可能性があるのです。

たとえば、南東角部屋の東側に大きな窓を設置すれば、長時間明るい住居にすることができます。住宅では方角だけでなく、部屋の間取りや窓の大きさもこだわりましょう。窓の大きさ次第で、南向きは明るすぎるが、東向きだとちょうど良いこともあるので、方角と間取りを兼ね合わせて検討することが大切です。

北向き住宅のメリット

北向き住宅は他の方角に比べて人気は低いですが、北向き住宅にもメリットはたくさんあります。

一つ目に「設計の幅が広がる」ことが挙げられます。住宅などの建物の高さいくつかの規制があり、なかでも「斜線制限(特に北側斜線制限と道路斜線制限)」は道路に面している方角よって変わってきます。南や東、西向き住宅だと、「斜線制限」の影響を受けますが、北向き道路に建てられた住宅の場合だと高さ制限が比較的に緩めです。都会では斜めにカットされた形状の建物を見かけるのも「斜線制限」のためです。北向き住宅にすると、高さ制限が緩くなるので、設計の幅が広がります。

また、「比較的に安い価格で土地を手に入れやすい」というメリットもあります。北向きの土地は、南向き道路の土地と比較して安い価格で売られていることが多いです。このことから北向きの土地だと、手の届かない高い地域の土地を購入できたり、浮いた予算は建物の設備などにかけることができます。

さらに、「プライバシーを確保しやすい」こともメリットです。北向き住宅は北側に玄関、南側にリビング間取りに多くなります。そのため、南側からの人目を気にする必要がなくなるので、プライバシーが確保することができます。

 

今回は戸建て住宅と方角の関係性や、それぞれの方角のメリットについて解説しました。一般的には南向き住宅が人気ですが、他の方角にもそれぞれの良さがあります。もちろん、南向き住宅も良いのですが、ただ単に「南向きが人気だから南向きの住宅を建てよう!」という考えだと、失敗してしまうかしれません。家族の生活スタイル、理想の間取りなども一緒に考慮して住宅の方角を決めることが大切です。ぜひ、注文住宅を建てる際の参考にしてください。

【三重県】注文住宅メーカーランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名サンクスホームタマホーム 津支店サティスホーム三交ホームアサヒグローバル
特徴住宅ローンに強いスタッフが在籍国産の木材を多く利用した、こだわりの「木の家」追加費用なしの明瞭価格法的に定められている検査に加え、140項目を自社で検査内装デザイン、カーテンやカーペットに至るまで専属コーディネーターが提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【三重県】工務店・ハウスメーカーランキング!
記事一覧