こだわりの家を建てたいなら注文住宅!三重県で口コミ・評判の良い工務店・ハウスメーカーをランキング形式で紹介しています。

マイホーム建築計画のタイトルロゴ

後悔しない!注文住宅の玄関でこだわるべき重要なポイント

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/24

注文住宅の顔である玄関は、その家の印象を左右する重要な場所です。毎日家族が頻繁に使う場所なので、デザインだけでなく、機能性にもこだわって玄関を作りたいものでしょう。しかし、どの点をこだわれば機能性を向上させられるのかわからない人もいるのではないでしょうか。今回は、注文住宅の玄関でこだわるべきポイントについて紹介します。

失敗しない注文住宅の玄関づくりのポイント

注文住宅の玄関づくりで失敗しないためには、どのような点に気を付けたらよいのでしょうか。

玄関スペース

LDKなどを大きくする場合、その分玄関をコンパクトにしようと考えがちですが、狭くしすぎると人の出入りをスムーズに行えない可能性があります。毎日家族が通る場所なので、玄関の広さについては不便がないかどうかよく考えてから決めましょう。それでも充分なスペースを確保するのが難しいときは、奥行きよりも横幅を優先するとよさそうです。使い勝手がよいうえ、玄関を広く感じやすくなるでしょう。

玄関収納

玄関はインテリア性にこだわるあまり、収納の多さに注意が向かないこともあります。しかし、玄関に収納するアイテムは靴以外に、雨具やアウトドア用品、防災用品などさまざまな種類があります。あまりに収納スペースを狭くしてしまうと、希望のアイテムがすべて収まらない可能性もあるのです。さらに、子どもがいる場合はベビーカーや三輪車、屋外で使うボールなど、成長にともなって子育てに必要なグッズも増えてくるでしょう。スペースに余裕がある場合は、シューズボックスだけでなくシューズクロークの設置も検討するのがおすすめです。大小さまざまな靴や子ども用品を隠して玄関をスッキリ保てるため、突然の来客対応も安心でしょう。

照明・採光

玄関は防犯上の理由から、光を取り入れる大きな窓を設置しづらい場所であるため、照明・採光もこだわりたいポイントです。照明や採光を考えずに玄関をプランニングすると、完成後に「思ったより暗い」と感じることもあります。玄関を効率的に明るくするには、吹き抜けが有効です。吹き抜けには、光をたっぷり取り入れて玄関を広く感じさせる効果の他、風通しがよい、家族とのコミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。

注文住宅の玄関でありがちな失敗例

注文住宅の玄関でありがちな失敗例を紹介します。

白系のタイルで汚れが目立つ

毎日家族が出入りする玄関の床タイルは、ホコリや泥などの汚れが溜まってしまいます。そのため、白やベージュなどの明るいタイルは靴跡や泥汚れが目立ちやすく、こまめに掃除することが重要です。掃除の頻度を減らしたい場合は、グレーやブラウン系の少し濃いカラーを選ぶとよいでしょう。グレーは砂埃が目立ちにくく、ブラウンは泥汚れを自然にカモフラージュしてくれます。

照明スイッチが操作しにくい

照明スイッチが操作しにくい位置にあると、バッグや買い物袋で両手がふさがっているときなどに不便に感じるものです。また、夜は手探りでスイッチを探すことになるので、転倒のリスクもあります。ドアを開けてすぐの位置にスイッチがあるのがベストですが、収納や窓との兼ね合いで適切な場所にスイッチをつけられない場合は、人感センサー照明を設置するのがおすすめです。スイッチ操作なしで点灯するため、両手がふさがっていても安全で、さらに消し忘れを防ぐこともできます。

においがこもる

玄関は大きな窓を設置することが難しいことから、換気がしにくく靴やカビのにおいがこもりがちです。とくに梅雨時や夏場は湿気がこもりやすく、消臭剤を使っても独特のにおいがストレスになってしまうこともあるでしょう。そのような事態を避けるには、窓や玄関ドアの種類で換気性能を高めるのが有効です。彩風タイプの玄関ドアなら鍵を閉めたまま自然と換気を行え、換気性能の高い上げ下げ窓などと組み合わせるとさらに風通しがよくなります。

玄関ドアの選び方のコツ

玄関ドアは、素材・種類にこだわって選ぶことが大切です。まず素材は、外観のデザインや雰囲気になじむものを選びましょう。たとえば、ナチュラルさを感じる外観であれば木製、スタイリッシュさを感じる外観であればガラス製などがおすすめです。

また、玄関ドアの素材は耐久性・断熱性についても考慮する必要があります。アルミ製は数ある金属の中でもトップクラスの軽さを誇り、耐久性も高いのが特徴です。木製は断熱性が高く、冬場の寒い季節でも外気の侵入をしっかり防いでくれるでしょう。

そしてドアの種類は、大きく分けて「片開き式」「両開き式」「引き戸式」の3つがあります。シンプルなデザインが好きな場合は片開き、住宅をバリアフリー化したい場合は両開き式、スペースを広く取りたい場合は引き戸式がおすすめです。種類により使い勝手は異なるので、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

 

今回は注文住宅の玄関でこだわるべき重要なポイントについて紹介しました。玄関スペースや収納、照明・採光などを考えて計画していくことが、使い勝手のよい玄関を作るポイントになります。これから家を建てる方は参考にしてください。

【三重県】注文住宅メーカーランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名サンクスホームタマホーム 津支店サティスホーム三交ホームアサヒグローバル
特徴住宅ローンに強いスタッフが在籍国産の木材を多く利用した、こだわりの「木の家」追加費用なしの明瞭価格法的に定められている検査に加え、140項目を自社で検査内装デザイン、カーテンやカーペットに至るまで専属コーディネーターが提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【三重県】工務店・ハウスメーカーランキング!
記事一覧