こだわりの家を建てたいなら注文住宅!三重県で口コミ・評判の良い工務店・ハウスメーカーをランキング形式で紹介しています。

マイホーム建築計画のタイトルロゴ

注文住宅のコストを削減!費用を下げるポイントは?

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/24

「注文住宅を建てたいけど、できるだけ費用は抑えたい。費用を抑えるためのポイントを教えてほしい。」とお悩みではありませんか?念願の注文住宅を建てるのはとても嬉しいことですが、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、今回は低コストで高品質な住まいを作るために、注文住宅の費用を下げるポイントについて解説していきます。

できるだけシンプルな造りにする

コストを下げるポイントとしてまず挙げられることは「できるだけシンプルな造りにする」ことです。家の形や屋根、間取りなどをシンプルな形にすることで、建築費用が安価になり、コストを削減できます。

たとえば、同じ大きさの床面積でも複雑な形にしてしまうと、家は外壁の表面積が大きくなってしまいます。その分資材や仕上げが必要となり、工事費もかさんでくるのです。また、特別な足場を組む必要があり、工費が高くなるだけでなく、仕上がるまでの時間がかかってしまいます。住宅の構造体は正方形や長方形のような凸凹のないシンプルな設計にすれば、コストダウンにつながるでしょう。

また、間取りでは部屋数を減らすと、コストを削減できます。部屋を増やすと、その分の壁を造る必要があります。壁を造るには費用がかさんでしまうのです。本当にその部屋が必要なのかどうかよく検討して、間取りを決めるようにしましょう。間取りをシンプルにすることで、採光や風通しがよくなるというメリットもあるのでおすすめです。

上記のように建物の形をシンプルな形にすることで、建築費を削減できるため、ポイントを抑えつつ、シンプルな造りにしてコストを削減していきましょう。

「普通」にとらわれず必要なものだけを設置する

設備や間取などは「普通」にとらわれずに、必要なものだけを設置してコストを削減しましょう。憧れや便利、流行の言葉につられて、さまざまなオプションを付けて住宅を建てても、後から冷静に考えると結局いらない部屋や設備ができたりします。一生に一度の大きな買い物なので、欲しい物すべてをつけたいなと思うかもしれませんが、結局あとから考えると実際にいらないなということがあるのです。設備や部屋は自分たちが本当に必要かどうかをよく考えて、不要なコストを抑えていきましょう。

とくに、間取りでの失敗は多いようです。間取りは図面でイメージしづらく、とりあえずよいといわれている間取りにしてみたら、「自分たちには合わなかった」なんてこともあります。部屋の必要性は家庭で異なりますし、たとえば和室を作ってみたけど必要がなかったということもあり得るのです。間取りは家庭の環境に基づいて考える必要があり、モデルハウスや家族構成の似た知人の家を参考にして、間取りを慎重に決めていきましょう。

また、キッチンの吊るし棚、床下収納、2階のトイレなどの設備も本当に必要かどうかを考えます。キッチンの吊るし戸棚は、一般的な家庭にあるからつけてしまいがちです。

しかし、吊るし戸棚が高くて台や脚立を持ってこないと利用できない場合もあります。収納するのにもひと手間かかってしまうと、面倒になり使わなくなり、設置費用が無駄になってしまうのです。キッチンの吊るし戸棚などの収納は自分の身長や動きに合うように設置しましょう。床下収納はつけている家庭も多いですが、まったく使わない人が多く、放置される可能性があります。有効活用できないと考えた場合は、あえて取りつけなくても構いません。

2階のトイレは便利だといわれており、2階が寝室で寝ているときや子どもが急に行きたくなっても安心です。2階のトイレは、あえて1階よりもグレードを下げたりしてコストを抑えるのもよいでしょう。住宅に採用してみたいと思う設備は、ショールームで見て確かめることをおすすめします。

メンテナンス費用を見越した設計に

注意点として「メンテナンス費用を見越した設計」にするようにしましょう。家は建てるときだけでなく、建てた後にもメンテナンス費用がかかります。家を建てたら終わりではなく、ある程度の年月が経てば不具合が起きて、修理や修繕などのメンテナンスを行わなくてはいけません。

家造りのときに、「メンテナンス費用を抑える」ことも考慮する必要があるのです。安価な資材や設備でコストダウンをしたとしても、すぐに修理が必要になったりするようであれば、長期的に見ると、コストがかかってしまうでしょう。

とくに、家造りにおいて、家の基礎や構造部分は耐震性と耐久性の要なので、コスト削減することはあまりオススメしません。また、メンテナンスの仕方が複雑だったりすると、費用が予想外にかかることもあります。資材や設備を選ぶ際は、メンテナンスの仕方や費用も確認するようにしましょう。耐用年数や使用感に不満がないかをしっかりと確認したうえで、コストカットを試みましょう。

 

今回は注文住宅のコストを削減するためのポイントについて解説していきました。建物の構造体や間取りはできるだけシンプルにすることで、コストを抑えることができます。そして、建てる前のコストばかりにとらわれず、建てた後のメンテナンスについても考えておきましょう。低品質な素材を使ったあまりにメンテナンスの頻度が増えてしまうと、長い目で費用がかさんでしまいます。以上の点を参考にコストを削減してみてくださいね。

【三重県】注文住宅メーカーランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名サンクスホームタマホーム 津支店サティスホーム三交ホームアサヒグローバル
特徴住宅ローンに強いスタッフが在籍国産の木材を多く利用した、こだわりの「木の家」追加費用なしの明瞭価格法的に定められている検査に加え、140項目を自社で検査内装デザイン、カーテンやカーペットに至るまで専属コーディネーターが提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【三重県】工務店・ハウスメーカーランキング!
記事一覧